大学祭運営ウェブシステム PortalDots 3 をリリースしました —— スタッフモードのリニューアルなど

注目の新機能 : 新しいスタッフモード、新しい「スタッフの権限設定」、お知らせの固定表示、アクティビティログ(BETA)

2021/05/30

大学祭運営ウェブシステム PortalDots 3 をリリースしました —— スタッフモードのリニューアルなど

こんにちは、大学祭の運営を支援するオープンソースのウェブシステム「PortalDots」を開発している Soji です。

先日、PortalDots の最新バージョンとなる PortalDots 3 をリリースしました!本記事では、PortalDots 3 の新機能をご紹介します。

目次

PortalDots 3 の新機能・改良点

PortalDots v1.5.2 以前から PortalDots v3.0.0 にアップデートする際の注意点はリリースノート末尾をご確認いただくとして、ここでは PortalDots 3 の新機能や改良点を紹介します。

新しいスタッフモード

PortalDots v1.5.2 以前でも、新しいスタッフモードのベータ版をお試し利用できるようにしていましたが、PortalDots 3 でこの新しいスタッフモードを正式版としました。

新しいスタッフモードでは、ユーザーや企画情報などの一覧を、詳細な条件を指定して絞り込み検索できるようになりました。PortalDots では、ユーザー情報や参加企画情報だけでなく、学園祭当日に利用可能な場所を一元管理できるデータベース機能もあります。これからは細かく検索条件を指定することで、目的の情報を簡単に取得できるようになります。

新しいスタッフモード

新しい「スタッフの権限設定」

以前より「ユーザー権限管理(Admin)」と「認可設定(Admin)」という機能で、スタッフユーザーが PortalDots 上で行える操作を制限することができましたが、PortalDots 3 では「スタッフの権限設定」としてリニューアルしました。

従来は、例えば「ユーザー情報管理」機能の利用を実行委員の A さんに許可すると、ユーザー情報の確認だけでなく、ユーザー情報の編集やユーザー一覧CSVの保存まで許可されていました。しかし、実際の実行委員会の業務の中では、ユーザー情報の確認さえできれば問題のない実行委員もいると思います。

PortalDots 3 では、スタッフユーザーがPortalDots上で使用できる機能を細かく制限できるようになりました。例えば、「ユーザー情報の編集」は許可するけど、「ユーザー一覧のCSV出力」は許可しない、といった権限を、スタッフユーザーごとに個別に設定できるようになります。

新しい「スタッフの権限設定」

お知らせの固定表示

一般モードの[ホーム]画面の上部に、お知らせ全文を固定表示できるようになりました。大事なお知らせを掲載したい時などにご利用ください。

お知らせの固定表示

お知らせの編集画面にある「お知らせを固定表示」にチェックを入れてお知らせを保存すると、そのお知らせを固定表示できます。

アクティビティログ(BETA)

管理者ユーザーは PortalDots 上で行われた各種操作のログを確認できるようになりました。アクティビティログでは、実行委員以外の一般ユーザーも含む PortalDots の全ユーザーが PortalDots 上で行ったほぼ全ての操作を記録します。

いつ、誰が、何を、どのように修正したかを確認できますので、情報の管理に関して何かトラブルがあった際に活用できます。

アクティビティログ(BETA)

アップデートの確認

PortalDots の最新バージョンのリリース情報を確認できるようになりました。最新バージョンのリリースノートを確認できるほか、管理者ユーザーには最新バージョンへの更新方法のガイダンスが表示されます。[スタッフモード ホーム]画面にある「PortalDots のアップデートの確認」から確認できます。

将来的には、「アップデート」ボタン1つクリックするだけでアップデートできるようにしたいと考えていますが、実装が少し難しそうなので、今回はアップデート情報を表示するのみとなりました。

アップデートの確認

その他

他にも以下のような新機能・改良点があります。

  • 新しい「CSVで出力」 — PortalDots上の各種データをCSVファイルで保存する機能を改良しました。[企画タグ管理]では、タグ別の企画一覧をCSVファイルで出力できるようになりました。[場所情報管理]では、使用場所別の企画一覧をCSVファイルで出力できるようになりました。
  • お知らせのメール配信 — お知らせのメール配信に必要なCRON設定が適切に行われていない可能性があるとき、スタッフモード上で設定不備をお知らせするようになりました。
  • デザイン — 全体的に細部のデザインを調整しました。
  • 配布資料とお知らせを削除できるようになりました。また、お知らせを非公開にすることができるようになりました。
  • ロリポップ!レンタルサーバーとコアサーバーに対応しました。

PortalDots 3 の新機能紹介は以上です。

PortalDots は、全ての大学祭プログラマーの「本当にやりたかったこと」を実現する場でありたいと思っています。興味がある方がいましたら、GitHub での Issue や Pull Request の作成、または PortalDots の LINE 公式アカウント私の Twitter までお声がけください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

著者: Soji Takahashi

エンジニア、UIデザイナー。学園祭運営支援ウェブシステムPortalDotsサブスク管理アプリSubmaなどを開発している個人開発者です。さらに詳しく

このページを共有