大学祭運営ウェブシステム PortalDots 4 をリリースしました —— ダークテーマ!!!

ダークテーマ、多種多様な学校発行メールアドレスに対応、サイドウィンドウ編集機能など、新しい機能を多数追加。

2022/03/27

大学祭運営ウェブシステム PortalDots 4 をリリースしました —— ダークテーマ!!!

こんにちは、大学祭の運営を支援するオープンソースのウェブシステム「PortalDots」を開発している Soji です。

本日、PortalDots の最新バージョンとなる PortalDots 4 をリリースしました!本記事では、PortalDots 4 で新しく利用できるようになった機能をご紹介します。

目次

PortalDots 4 の新機能・改良点

ダークテーマ!!!

PortalDots 4では「ダークテーマ」に対応しました!お使いの端末でダークテーマを有効にしている場合、PortalDotsもダークテーマで表示されます。PortalDotsの[ユーザー設定]画面では、手動でダークテーマを有効化することもできます。

ダークテーマに対応しました

新しい「スタッフモード ホーム」画面

従来の「スタッフモード ホーム」画面は、スタッフモードで利用できる機能一覧が表示されるだけの、少し寂しいデザインでした。

PortalDots 4 では、この「スタッフモード ホーム」画面をリニューアルしました。また、各機能に簡単な説明文を追加し、PortalDots の利用が初めてでも PortalDots の使い方を簡単に把握できるようになりました。

新しい「スタッフモード ホーム」画面も、もちろんダークテーマに対応

多種多様な学校発行メールアドレスに対応

学校発行メールアドレスのローカルパートが学籍番号以外の学校や、学生によって学校発行メールアドレスのドメインパートが異なる学校に対応しました。

多くの大学では、学生1人1人にメールアドレスが発行されると思います。発行されるメールアドレスの形式は学校によって異なりますが、PortalDots 3 以前は「ローカルパートが学籍番号」かつ「ドメインパートが全員共通」という形式のメールアドレスにしか対応していませんでした。

PortalDots 4 では、下記の画像のような様々な学校発行メールアドレスに対応しました。これにより、より多くの学校の学園祭において PortalDots を導入しやすくなります!

多種多様な学校発行メールアドレスに対応

サイドウィンドウ編集機能

スタッフモード内の各種編集機能を刷新し、たとえば「企画一覧画面を見ながら、個別の企画を編集する」といったことができるようになりました!

PortalDots 3 では、提出された企画参加登録を「受理」するためには、下記の操作が必要でした。

  1. 参加登録内容が未確認の企画について「編集」ボタンをクリックする
  2. 「編集」画面が別のページで開く。この画面で、企画参加登録を「受理」して保存する
  3. 保存できたことを確認したら、企画一覧画面に戻る
  4. 以下繰り返し

PortalDots 4 では、この操作が少し簡単になります。

  1. 参加登録内容が未確認の企画について「編集」ボタンをクリックする
  2. 「編集」画面が企画一覧の右側に表示される。この画面で、企画参加登録を「受理」して保存する
  3. 保存できたことを確認したら、他の企画について「編集」ボタンをクリックする
  4. 以下繰り返し

企画編集画面を表示中も、企画一覧は常時表示されたままになります。そのため、「どこまで企画参加登録を『受理』したっけ?」と迷子になりづらくなると思います。ぜひお試しください!

企画一覧表の右側に企画の編集画面が表示される

新しいお知らせ編集画面

上記で紹介した「サイドウィンドウ編集機能」は「お知らせ編集画面」には対応していません。長い文章を小さな画面で編集するのは不向きなためです。

しかし、「お知らせ編集画面」では画面のレイアウトを大幅に刷新するアップデートを行いました!スマートフォンに比べて大きな画面を有効に活用し、長い文章を快適に編集できるレイアウトに変更しました。

新しいお知らせ編集画面

お知らせに関連する配布資料

PortalDots 上に掲載する「お知らせ」に、関連する「配布資料」を添付できるようになりました!学園祭の参加企画に見てほしい配布資料があることを、簡単に「お知らせ」できるようになります。

お知らせに添付した配布資料の表示

その他

他にも以下のような新機能・改良点・廃止機能があります。

  • 企画参加登録カスタムフォームの回答表示 — 下記ページに、企画参加登録カスタムフォームへの回答を表示するようにしました。
    • 企画参加登録 提出前の確認画面
    • 企画参加登録 提出完了時に送信されるメール
    • 企画詳細画面
  • アップデーター(ベータ版) — PortalDots の新しいバージョンがリリースされた際、ブラウザー上で簡単に PortalDots をアップデートできるようにしました。
    • ベータ版のため、動作が安定しない可能性があります。
  • 企画参加登録 — 学園祭係(副責任者)の招待確認画面に、企画の詳細情報(企画名、団体名、メンバー)を表示するようにしました。
  • 企画参加登録の設定 — 企画参加登録機能を利用することでできることの説明を追加しました。
  • フッターのデザインを調整しました。
  • GitHubリポジトリをForkしてPortalDotsをインストールした場合、「PortalDotsについて」ページに「Git リポジトリ版」と表示するようにしました
  • スケジュール(廃止) — 学園祭参加団体向け説明会などの日程を表示できる「スケジュール」機能を廃止しました
    • スケジュールを掲載したい場合、今後は「お知らせ」機能をご利用ください

PortalDots 4 の新機能紹介は以上です。

PortalDots は、全ての大学祭プログラマーの「本当にやりたかったこと」を実現する場でありたいと思っています。興味がある方がいましたら、GitHub での Issue や Pull Request の作成、または PortalDots の LINE 公式アカウント私の Twitter までお声がけください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

著者: Soji Takahashi

エンジニア、UIデザイナー。学園祭運営支援ウェブシステムPortalDotsサブスク管理アプリSubmaなどを開発している個人開発者です。さらに詳しく

このページを共有