ブログ

2023/05/08

学園祭運営ウェブシステム PortalDots 5 で、複数の参加登録フォームを作成できるようになりました

新しいPortalDots 5をリリース。参加種別ごとに参加登録フォームを作成できるようになり、参加企画がより管理しやすくなりました。

学園祭運営ウェブシステム PortalDots 5 で、複数の参加登録フォームを作成できるようになりました

こんにちは、大学祭の運営を支援するオープンソースのウェブシステム「PortalDots」を開発している Soji です。

先日、PortalDots の最新バージョンとなる PortalDots 5 をリリースしました!

目次

複数の参加登録フォームを作成できるようになりました

参加種別ごとに参加登録フォームを作成

今までのPortalDotsでは、ウェブシステム1つにつき参加登録フォームは1つしか作成できませんでした。そのため、模擬店を出店する団体の募集と、ステージ企画に出演するグループの募集を別々に行うことができませんでした。

PortalDots 5では、参加種別ごとに参加登録フォームを作成できるようになりました!これからは、模擬店に出店する団体には模擬店の参加登録フォームに、ステージ企画に出演するグループにはステージ企画の参加登録フォームに回答してもらうことができます。

参加登録フォームのカスタマイズ

「出演したいステージ」の解答欄。メインステージとサブステージのどちらか一方を選択可能にした。

各参加登録フォームにはカスタムフォームを設定できます。例えばステージ企画の参加登録フォームには「出演したいステージ」の質問を設置する、といったことができます。

参加種別ごとに企画を管理

模擬店の企画一覧画面

参加種別ごとに企画を管理できます。模擬店の一覧、ステージ企画の一覧、のように、参加種別ごとに企画の一覧を表示できます。

企画に自動でタグを付与

「模擬店」の参加種別で、「模擬店」タグを自動で企画に付与する設定。

参加登録フォームから提出された企画に自動でタグを付与できます。タグを使えば企画をより管理しやすくなります。また、例えば「模擬店」タグが付与されている企画にだけ、模擬店に関するお知らせを配信するといった閲覧制限の設定も可能になります。

参加登録を提出したユーザー向けのメッセージを設定

さらに、PortalDots 5では参加登録提出後に表示される画面のカスタマイズもできるようになりました。参加登録を提出されたユーザーに対して、参加登録費の回収についての案内を行うなど、さまざまな目的で活用できます。

その他の変更点

他にも以下のような新機能・改良点・廃止機能があります。

  • 申請管理
    • 回答を絞り込み・並べ替えできるようになりました。
    • 申請フォームに回答したユーザーに送るメールに、任意のメッセージを表示できるようになりました。
    • フォームや回答を削除できるようになりました。
  • ポータル設定 — トップページに表示する「ポータルの説明」を設定できるようになりました。
  • フォームエディター — 現在のタブでフォームエディターを起動できるようになりました。
  • デザインを一部変更しました。
  • アップデーター(廃止) — 動作が不安定だったため、アップデーターを廃止しました。
    • 今後はスタッフモードの「PortalDots のアップデートの確認」画面に表示される方法に従ってアップデートしてください。

PortalDots 5 の新機能紹介は以上です。

PortalDotsはオープンソースソフトウェアです。どなたでも開発に貢献することができます。興味がある方がいましたら、GitHub での Issue や Pull Request の作成、または PortalDots の LINE 公式アカウント私の Twitter までお声がけください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

著者

Takahashi, Soji

エンジニア、UIデザイナー。サブスク管理アプリSubma学園祭運営支援ウェブシステムPortalDotsなどを開発している個人開発者です。もっと詳しく

このページを共有